アンテベート軟膏

アンテベート軟膏はステロイドの塗る軟膏です。ステロイドには炎症を取る強い効能があります。皮膚の炎症をおさえる働きがあり、赤み、はれ、かゆみなどの症状を改善してくれます。アンテベート軟膏は、湿疹やあせもやアトピー性皮膚炎など、いろいろな皮膚症状に使用されています。アンテベート軟膏は病気の原因じたいを治すことは出来ない、症状をとる対症療法の軟膏です。ステロイドは5段階に分けられています。最も強い1郡から徐々に弱くなっていき最も弱いステロイドが5郡の弱めになります。このアンテベート軟膏のステロイドの強さは2郡に分類される、非常に強い効力のステロイドになりますので、症状の重いときにだけ使用する軟膏です。効力の非常に強いステロイドを使用していますので用法や用量は間違わないように使用してください。また、通常の用法は、1日1回から数回、適量を疾患部分に薄くやさしくのばすように使用します。たまにステロイドの副作用を怖がって、用量をあまりにも少なめに塗るかたがいらっしゃいますが用量が足りないために症状の改善が見られない方や、早くよくしたいために、アンテベート軟膏を大量に使用される方などがいるようですが、一度に沢山厚く塗ってもあまり意味がありませんし危険ですので、どちらにしても必ず用法・用量は守るようにしましょう。また、アンテベート軟膏は、皮膚の感染伴う細菌や真菌、スピロヘータ・ウイルスなどの湿疹や皮膚炎、疥癬・けじらみなどには使用できません。アンテベート軟膏は局所作用が強いわりには、全身性副作用がでにくいといわれています。

アンテベート軟膏の副作用

アンテベート軟膏は皮膚に塗る軟膏ですので、副作用の心配は非常に少ないと言われています。しかし、長期間の連用など大量に使用し続けると、副作用が出てくる場合があります。副作用として、毛のう炎・せつ、刺激感、ざ瘡様発疹、皮膚萎縮、白癬、皮膚乾燥、そう痒などが報告されています。また、細菌や真菌(カビ)などによる新たな感染症にも注意が必要です。まれに、重い副作用がでる場合があります。明るい光を見ると光の輪が見える、激しい目の痛み、まぶしい、かすんで見える、頭痛[眼圧亢進、緑内障、白内障、頭痛、吐き気などの副作用があります。また、アンテベート軟膏を大量に連続使用していて、急に使用するのをやめたりすると、強い反発症状を引き起こすことがありますので、用法・用量がならず守って使用するようにしてください。アンテベート軟膏を使用していて何かおかしな症状が出たり、異常を感じたときや、いっこうに症状の改善が見られないときは、必ずお医者さんの診断を受け指示に従うようにしてください。

アンテベート軟膏の効能

アンテベート軟膏の効能を以下にご紹介します。湿疹・皮膚炎群(手湿疹、進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎を含む)、乾癬、虫さされ、薬疹・中毒疹、痒疹群(ストロフルス、じん麻疹様苔癬、結節性痒疹を含む)、紅皮症、紅斑症(多形滲出性紅斑、ダリエ遠心性環状紅斑)、ジベル薔薇色粃糠疹、掌蹠膿疱症、扁平紅色苔癬、慢性円板状エリテマトーデス、肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫)、特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑、シャンバーク病)、円形脱毛症、肥厚性瘢痕・ケロイド、悪性リンパ腫(菌状息肉症を含む)、アミロイド苔癬、水疱症(天疱瘡群、ジューリング疱疹状皮膚炎・水疱性類天疱瘡)

スポンサードリンク